フリーランス目線!ネットワークエンジニアの実情

フリーランスエンジニアになるなら、知っておきたいアレコレ!

フリーランスは、トレンドキーワードをおさえる!クラウド&ビッグデータについて

クラウド、ビッグデータ分野の動向

LINEで送る

「クラウド」「ビッグデータ」の活用は始まっている

近年、IT業界では「クラウド」「ビッグデータ」が情報インフラ系の業界を中心として話題になっています。ITの情報サイトや新聞紙上で見かけない日はないほど、一般的な単語になってきていると思います。また、「クラウド」については、iPhoneのiCloudなどで多くの人が活用していますし、「ビックデータ」についても、NHKの夜のニュースで現在のネット上の動向を、ビックデータを活用、ピックアップして視聴者にビックデータで上位に入った言葉を解説、さらには、ツイッター等のSMSで視聴者の意見を紹介して議論を掘り下げるような番組すらあります。
「クラウド」「ビッグデータ」とも、既に生活の場で活用され始めていますが、この「クラウド」「ビッグデータ」という言葉を正確に説明できる人は、IT業界以外の人では少ないと思います。従ってまず、この「クラウド」「ビッグデータ」という言葉の定義から話を始めたいと思います。

「クラウド」の定義

「クラウド」は、2つの種類があります。まず、1つ目は、ユーザーから離れてはいますが実態のあるクラウド、つまり、「データセンター内のサーバにデータを集めて効率的に活用している B to Bサービス」です。サーバ内を、パブリックデータを蓄積するパブリッククラウドと呼ばれる部分とプライベートなデータを蓄積するプライベートクラウドと呼ばれる部分に仮想化技術などを使って共有することで、まるで分譲マンションの様なイメージで、効率よくデータセンター内のサーバを活用しています。
二つ目は、ユーザーから離れており、かつ、実態のあるデータセンターはなく、データがまさしくクラウド(雲)の中に蓄積しているサービス、つまり、「B to Cのパブリッククラウドサービス」です。この仕組みを活用してサービスを展開しているのは、アメリカ GoogleのGmailやドロップボックスのDropbox、エバーノートのEvernoteといった、現在大いに普及しているメールやクラウドシステムです。

「ビッグデータ」の定義

アメリカで成功したネットベンチャー企業は、設立当初は投資資金が少ないため、オープンソース型のソフトウェアを開発して大量のデータを蓄積できるシステムを作り、そのデータを解析して人々の興味がどこにあるのか?を把握することによってビジネスチャンスをつかもうとしています。こうしたアーキテクチャのクラウドシステムを一般企業に転用しているのが「ビックデータ」の取組みです。「ビックデータ」の活用効果は、B to BでもB to Cでも効果を発揮できるものと考えますが、現段階ではインターネット企業以外では成功例が少ない様です。

おすすめ記事ピックアップ

フリーランスのネットワークにおすすめ書籍

フリーランスのネットワークにおすすめ書籍 フリーランスでも会社員でも、ネットワークエンジニアにぜひ読んでもらいたいおすすめの書籍が、「インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門」です。入門というだけあり、画像が豊富で、ネットワーク初心者が体系だてて学習できる内容になっていますが、中堅レベルのエンジニアでも参考にできる具体例など、実務において役に立つ情報が満載の良書です。ネットワークエンジニアなら手元においておきたい本です。

フリーランスのネットワークにおすすめ書籍の詳細を見る

今後のネットワーク業務で重要なスマートフォンとセキュリティ

今後のネットワーク業務で重要なスマートフォンとセキュリティ これからの時代に求められるネットワークスキルとは、あらゆるモバイルデバイスを受け入れながら強固なセキュリティを確保し、安定して動作するネットワーク環境を構築、管理するスキルです。特にセキュリティに関しては、常に最先端の情報と知識を仕入れ、自らスキルをアップデートしておく必要があるでしょう。フリーランスのネットワークエンジニアとして成功するには、時代の動向とこの先のトレンドをいち早くつかみ、前倒しで時代を乗り切る勢いを持ちましょう。

今後のネットワーク業務で重要なスマートフォンとセキュリティの詳細を見る

これからのネットワークエンジニアはデータベースの知識を

これからのネットワークエンジニアはデータベースの知識を フリーランスのネットワークエンジニアが目をつけるべきは、ビッグデータの分野です。クラウドに負けず劣らず注目を集めているトレンドキーワードといえば、ビッグデータです。経済活動におけるビッグデータの活用は、まだ成功例も少なく、かつ、データベース解析などビッグデータ関連のスキルと知識を持つエンジニアも少ないため、今のうちから習得しておけば今後必ず役に立つスキルといえます。ビッグデータ関連の案件は今後増えていく見通しです。

これからのネットワークエンジニアはデータベースの知識をの詳細を見る

PAGE TOP

フリーランス目線!ネットワークエンジニアの実情

Copyright © 2014 フリーランス目線!ネットワークエンジニアの実情 All Rights Reserved.